古くなった羽毛布団は修理を検討しましょう

布団には中綿として自然素材の木綿わたや化学繊維が使われることが多いのですが、さらに羽毛が使われることがあります。
羽毛を中綿とする布団が羽毛布団であり、軽くて暖かく快適であるため、近年ではその利用者が増加しているようです。


羽毛布団にはダウンジャケットなどと同じく、水鳥のわた羽(ダウン)が使われています。


わた羽は暑い時期には縮こまって通気性を向上させ、汗や湿気などを外に排出します。

羽毛布団の修理情報は初心者にも分かりやすいです。

一方で寒い時期には広がって空気を含み、断熱性や保温性を向上させるのです。



わた羽は温度調整や湿度調整の機能を兼ね備えた優秀な素材だといえるでしょう。
そんな優れた特性を持つ羽毛布団ですが、高価であるため手軽に買い換えるというわけにはいかないようです。



経年により暖かさを感じなくなった場合には、修理をしてみてはいかがでしょうか。羽毛布団の修理には、打ち直しとリフォームの2種類の方法があります。打ち直しは中綿の羽毛を取り出して、きれいに洗浄をして当初のふわふわとした状態へと回復させる方法です。


一方のリフォームは古くなった羽毛を取り出して廃棄し、別途準備した新しい羽毛へと入れ替える方法になります。


高級品には品質の高い羽毛が使われていますので、打ち直しによる修理が適しているようです。


普及品の場合には羽毛そのものを新品と交換するリフォームの方法を検討しましょう。


費用については様々となっていますので、修理を希望する場合には羽毛布団を購入した販売店などに相談をしてみてください。