羽毛布団修理のタイミングと方法 - 布団は打ち直しをすることで長く使えます

羽毛布団修理のタイミングと方法

羽毛布団を長い間使用している間に暖かさが感じられなくなったり煙草の焦げや自然劣化による破れが発生することがあります。

羽毛布団の修理の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

また、羽毛の偏りが出て来て直らなかったり買った際のふかふか感がなくなりぺたんこになったりすることもあります。

汚れが目立ち埃が多く出てきて、側生地が破れて羽毛が出て来てしまいます。
そうすると羽毛布団修理が必要になります。
一般的には10年以上使用していると劣化すると言われています。
そうなるとプロの修繕が必要になります。



羽毛布団劣化は数年で始まり、使用方法が丁寧だと20年以上持つこともあります。



20年間利用していたからと言ってリフォーム不可能というわけでは必ずしもありません。

親切で評判が良い業者に布団を持ち込んで見てもらう事が大切です。


焼け焦げ等、羽毛布団全体の劣化によらない簡単な破れの修理には補修布を使用します。


通販でも販売されていて数センチの破れなら補修布を当ててアイロンで塞げば素人でも修繕は可能です。
しかし技術的には高度です。
大きな破れや布団全体の老朽化による破れには対応ができません。

そこで羽毛布団の修理が必要になるわけですが、打ち直しという方法が一般的に行われておりきちんと修繕すれば新品同様に戻ります。羽毛を取り出し洗浄し、乾燥させ足りない羽毛を足すことで修理は行われます。
ただこういった丁寧なリフォームでなく羽毛リサイクルを打ち直しと呼んで実施する業者もあるので要注意です。リサイクルの場合には他で廃棄された羽毛を使用して修理予定の布団へ詰め直しをするだけですので厳密な意味でのリフォームとは違います。リフォーム価格を見比べて業者がどの修繕方法を使っているか確認することも大事です。